スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンジローマは自己免疫力を高めるのが一番よい

コンジローマという病気があるのですが、最近、友人がこれにかかってしまったようなのです。友人といいましても男女関係のある友人ですので、ぼくにも関係はあるのですが、遠距離中だったもので、病気を移されたのは他の人ということのようでした。

この病気は皮膚にウイルスが感染する病気のようで、感染して発症すると性器などにイボが次々に出てきてしまう病気です。命に関わる病気ではないのですが、見た目がグロくなることと再発しやすいこと、そして感染したウイルスは一生体内から消えないことで非常にやっかいな病気といえます。

血液検査などでは判明せず、どこに潜んでいるのかは発症するまで分からないので、発症するたびにイボを根気強く除去していくしか方法がありません。皮膚が新陳代謝で完全に入れ替わる半年程度をまって再発が確認されなければ、医者から完治という判断が下るようです。

ただ、自分が完治したとしても、パートナーの方でも感染していたら再感染してしまいますので、二人で治療しないと意味がありません。

この点、ぼくは遠距離の男女の友人の関係だったのでセーフだったのですが、向こうはこの間に関係を持ってしまった人がいるようで、まずはそっちの関係を整理して完治してもらわないことには、こっちとは関係を継続できない状況になっています。

ぼくらはドライな男女の友人関係だったので、特に問題が生じることはありませんでしたが、カップルの場合はこの病気が原因で浮気などが判明してしまい、別れてしまうことも多いようです。また、感染したウイルスは一生体内からは消えないため、結婚する際にもこのことは告知したうえで事前に了承をとっておかないと後々トラブルになってしまう可能性があります。

加えて、かなりまれなケースではありますが、低リスクのHPV6やHPV11のウイルスではなく、高リスクタイプのHPV16やHPV18の混在でコンジローマが発症するケースもあり、この場合の持続感染を放置することでのちのち子宮頸がんになってしまう可能性もあります。

そのため、直ちに生命の危険がある病気ではないものの、結果的に見れば、高リスクタイプのコンジローマの持続感染の放置が原因で数年後に子宮頸がんとなり、命を落としてしまうケースもありえるかと思われます。そのようなリスクがあるにも関わらず、このHPVウイルスのタイピング検査というのはあまりしていないようで、別途に子宮頸がんの検診を欠かさずに受ける必要があるかと思われます。

この病気への対処方法としては、ざっくりいうと自己免疫力を高めることしかないと思います。イボを焼いたり、つぶしたりしただけでは再発するケースが多いと思いますので、最終的には自己免疫力を高める以外に方法はないかもしれません。

なので、ぼくはビタミンサプリを摂取したり、青汁を飲んだり、ストレスをためないように休息を十分にとることをその子におすすめしておきました。また、適度に運動をしておくように伝え、子宮頸がん検診や完治を待って予防ワクチンなども受けるように厳命しておきました。

また、自分の方でもガーダシルのような予防ワクチンを接種しておいたり、しばらくご無沙汰していた青汁をまた飲み始めようかと検討しているところです。

コンジローマで壊れる関係ではないですし、きちんと根気強く対処すれば問題のない病気ではありますが、その子の方がとても気にしているようなので、メンタルの部分のケアの方がやっかいな気もしています。僕的にはこのあたりが非常にめんどいです。

いずれにしても、免疫力を高めて再発を防止するのが一番なのかもしれません。
スポンサーサイト

トクホで日本初の取消事案が発生か?

日本サプリメント(株)の特定保健用食品にペプチド茶などがありますが、このうち6商品で有効成分が表示よりも少なかったとして、トクホの許可が取り消されることになりました。特定保健用食品の許可取り消しは日本ではじめてのことらしいです。

ここで「えっ?花王のエコナは?」と思ったのですが、花王の場合は許可取り消しも検討されていたなかで、自主的に許可の失効届を提出して事態の収拾をはかっていたようです。なので、許可取り消しは今回がはじめてのケースにあたります。

いずれにしても、トクホを許可した後、消費者庁の方では特に検査などはしていなかったようで、企業との信頼関係の間で成り立っていた制度かと思います。そのようななか、このような事案が発覚したため、今後は許可したトクホについて一斉検査に乗り出すことになりました。

これは消費者からの信頼が損なわれるとの危機意識からの調査かと思いますが、正直なところ、消費者側にとってはそれほど気にしてないのが実態ではないかと思います。気分的な問題といいますか、何のマークもついてないよりも、トクホマークが付いていた方が安心だからという、ふいんき的な理由によるところが大きいです。

とばっちりを食らったのは他の健康食品会社ですが、一斉調査が開始されるとのことで、近日中にトクホの許可取り消しが多発する可能性も出てきました。

この構図はどこかで見たことあると思ったのですが、三菱自動車の燃費不正問題とよく似ています。燃費の計測についても国交省が企業との信頼関係のなかで成り立っていたものと思いますが、結局、役所は何も検査していなかったということです。

三菱自の不正問題が発覚してから、自主検査という事態になり、スズキでも問題が発覚することになったわけですが、今回も同じようなパターンが出てくる可能性があると感じております。

ただ、三菱自の場合は意図的な偽装も含まれていたのに対し、日本サプリメントの場合はわりと誠実さが感じられる対応だったため、同じ扱いをされても心外だとは思いますが、今回は許可取り消しという事態になったもようです。

今後の調査でトクホの許可取り消し事案が多発する事態に発展していくのか、今後の展開に注目していきたいと思います。

健康食品の広告表示は薬事法と景品表示法に注意しよう

某健康食品会社の黒酢サプリが、あたかも痩身(そうしん)効果があるようにネット上で表示を行っていたことで、健康食品業界に波紋を呼んでいます。健康食品といえば、薬事法に関する点に注目がされやすいですが、今回のケースでは消費者庁の景品表示法の優良誤認で処分されてしまいました。(※痩身効果…ダイエット効果のこと。)

この薬事法と景品表示法の違いについては、薬事法が医薬品と間違わないように規制するための法律で、景品表示法が誇大広告に対する規制という違いがあります。

薬事法は健康食品や美容関連がほとんどかと思います。一方で、景品表示法については、他にもゲームアプリの課金ガチャでの出現確率があたかもアップしていたように表示したことで問題となっていましたが、健康食品や美容のみに限ったことではなく、より幅広い商品やサービスが該当します。

今回の黒酢の件で「痩身効果」があるように表示することは、薬事法はセーフだったのかもしれませんが、実際のものよりも著しく優良であると示す景品表示法の「優良誤認」に該当するようで、処分されてしまったようです。

今までは個々の文言がセーフだったら、サイト全体もセーフという暗黙の了解みたいなものがあったかと思います。

けれども、今回はこの「あたかも」という点がとても斬新となっており、例えフレーズ単位ではセーフだったとしても、全体としての流れがアウトなふいんきが出ていれば、役所の判断でNGにするよということになったのだろうと思います。

ネット上にはかなりきわどい広告がゴロゴロあるなか、みせしめにされた感もありますが、サイト運営者やマーケティング担当者にとっては注意したい点ではないかと思われます。

なぜ、野菜を食べなければならないのか?

肉食動物であるライオンやトラは、草食動物であるウシやシマウマを食べています。一方で、ウシやシマウマが食べているものといえば、結局は植物です。そうであるならば、肉食動物というのは、間接的には草食動物であるということがいえるのかもしれません。

結局、動物が食べているのは野菜が元になっているわけだから、直接、野菜だけを食べればいいじゃんというのがベジタリアンの人たちの論理かと思います。

けれども、草食動物は本当に草だけを食べて生きているのか?という点で見解の相違があります。

植物の食物繊維成分であるセルロースは、動物の体内では分解することができないため、微生物に頼って消化・吸収をしています。草食動物は反芻したりして、消化しにくい植物を体内の微生物に分解してもらい、その栄養素を吸収することで共存しているともいえるわけです。

逆にいえば、微生物の食べ物が植物であるともいえますので、草食動物が植物を食べることによって、微生物にエサを提供しつつ共存しているともいえます。

一方で人間にも腸内細菌があり、微生物と共存してます。人間の体内には100兆をこえる細菌類が生息しているといわれており、主に、腸内に多く生息しております。いわゆる善玉菌などが注目を集めておりますが、ボクは善玉菌のエサとして野菜を多くとるようにしています。

善玉系に属する腸内細菌の活動が活発化すれば、きっとカラダの内側から健康になれることでしょう。

この点、最近の青汁には「乳酸菌」や「オリゴ糖」などの細菌類が配合されている商品も多くなってきていますので、青汁で野菜不足を解消してしまうというのも効率的な方法かもしれませんね。

青汁を1年間飲むと年間5万円程度の出費になる

缶ジュースで1日3本で390円は使っているのですが、甘いものは体に悪いので、ジュースを1本節約する代わりに青汁を1杯飲むことにしました。

缶ジュース1本分を青汁1杯に換算して、130円×31日で4,030円程度を目途にしていますが、こちらの青汁の価格比較の情報を参照してみると1箱で4,000円前後の商品も多いようです。

送料を入れると4,500円~5,000円程度になるのかもしれませんが、定期コースを利用すると送料無料で割安になるかもしれません。仮に青汁を1年間飲み続けるとすると年間で5万円程度の出費になりますが、定期コースを利用すれば、3万円~4万円程度に収まると思います。

・1杯130円を目安
・1か月で4,000円前後
・1年間で5万円前後

5か年計画で体質を改善したいと考えておりますので、だいたい20万円程度を予定しておりますが、どの青汁がよいのかは迷うところです。コストのみを考えれば安い商品もたくさんありますが、パフォーマンスを考えるとあまり安いものは飲みたくありません。

以前よんだ本に青汁を飲む利点として、食物繊維とオリゴ糖、乳酸菌を一度に飲める点がメリットがあると書いていたので、それらが全部入っているものを購入しようと考えているのですが、この3つのうちのふたつぐらい入っているものはあるものの、全ての条件を満たすものは見当たりませんでした。

昔から聞いたことのある青汁はけっこう甘かったり、あまり大した内容のものが入ってなかったりもしたので、青汁のメインストリームからちょっとはずれた健康食品会社を選んで買っているのですが、あまりにはずしすぎて聞いたことのない会社を選んでも不安ですので、バランスをとるとよいかもしれません。
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。