トクホで日本初の取消事案が発生か?

日本サプリメント(株)の特定保健用食品にペプチド茶などがありますが、このうち6商品で有効成分が表示よりも少なかったとして、トクホの許可が取り消されることになりました。特定保健用食品の許可取り消しは日本ではじめてのことらしいです。

ここで「えっ?花王のエコナは?」と思ったのですが、花王の場合は許可取り消しも検討されていたなかで、自主的に許可の失効届を提出して事態の収拾をはかっていたようです。なので、許可取り消しは今回がはじめてのケースにあたります。

いずれにしても、トクホを許可した後、消費者庁の方では特に検査などはしていなかったようで、企業との信頼関係の間で成り立っていた制度かと思います。そのようななか、このような事案が発覚したため、今後は許可したトクホについて一斉検査に乗り出すことになりました。

これは消費者からの信頼が損なわれるとの危機意識からの調査かと思いますが、正直なところ、消費者側にとってはそれほど気にしてないのが実態ではないかと思います。気分的な問題といいますか、何のマークもついてないよりも、トクホマークが付いていた方が安心だからという、ふいんき的な理由によるところが大きいです。

とばっちりを食らったのは他の健康食品会社ですが、一斉調査が開始されるとのことで、近日中にトクホの許可取り消しが多発する可能性も出てきました。

この構図はどこかで見たことあると思ったのですが、三菱自動車の燃費不正問題とよく似ています。燃費の計測についても国交省が企業との信頼関係のなかで成り立っていたものと思いますが、結局、役所は何も検査していなかったということです。

三菱自の不正問題が発覚してから、自主検査という事態になり、スズキでも問題が発覚することになったわけですが、今回も同じようなパターンが出てくる可能性があると感じております。

ただ、三菱自の場合は意図的な偽装も含まれていたのに対し、日本サプリメントの場合はわりと誠実さが感じられる対応だったため、同じ扱いをされても心外だとは思いますが、今回は許可取り消しという事態になったもようです。

今後の調査でトクホの許可取り消し事案が多発する事態に発展していくのか、今後の展開に注目していきたいと思います。

健康食品の広告表示は薬事法と景品表示法に注意しよう

某健康食品会社の黒酢サプリが、あたかも痩身(そうしん)効果があるようにネット上で表示を行っていたことで、健康食品業界に波紋を呼んでいます。健康食品といえば、薬事法に関する点に注目がされやすいですが、今回のケースでは消費者庁の景品表示法の優良誤認で処分されてしまいました。(※痩身効果…ダイエット効果のこと。)

この薬事法と景品表示法の違いについては、薬事法が医薬品と間違わないように規制するための法律で、景品表示法が誇大広告に対する規制という違いがあります。

薬事法は健康食品や美容関連がほとんどかと思います。一方で、景品表示法については、他にもゲームアプリの課金ガチャでの出現確率があたかもアップしていたように表示したことで問題となっていましたが、健康食品や美容のみに限ったことではなく、より幅広い商品やサービスが該当します。

今回の黒酢の件で「痩身効果」があるように表示することは、薬事法はセーフだったのかもしれませんが、実際のものよりも著しく優良であると示す景品表示法の「優良誤認」に該当するようで、処分されてしまったようです。

今までは個々の文言がセーフだったら、サイト全体もセーフという暗黙の了解みたいなものがあったかと思います。

けれども、今回はこの「あたかも」という点がとても斬新となっており、例えフレーズ単位ではセーフだったとしても、全体としての流れがアウトなふいんきが出ていれば、役所の判断でNGにするよということになったのだろうと思います。

ネット上にはかなりきわどい広告がゴロゴロあるなか、みせしめにされた感もありますが、サイト運営者やマーケティング担当者にとっては注意したい点ではないかと思われます。

おつりをもらう時、指がぷるぷる震えちゃう

数年前まではあまり気にならなかったのですが、最近、指が震えるようになってきて困惑しております。

例えば、コンビニとかで買い物するじゃないですか。

そうしたら、おつりとかもらうわけですけど、小銭などをうまく受け取ることができないわけです。指がぷるぷる震えてしまって。

ぷるぷるっとなるとレシートの上に乗っかってる軽めの1円玉とかがぴょーんと飛んで行ってしまうわけですよ。

そして次の瞬間、その場の空気が凍り付いてしまうわけです。

別に、指がふるえたり1円玉が飛び出るからといってお買い物はできるので、特に何がどうなるというわけでもないのですが、やはり精神的には多少のストレスが出てきてしまいます。

これは店員が男性でも女性の場合でも同じ症状がでますが、特に若い女性の場合、「ヤダ~、ワタシに気があるのかな??」みたいな、変な空気が出てしまいます。別に、指がふるえるからといって貴方にドキドキしてるわけではないのですが、そう取られても仕方がありません。

そのため、最低限はおつりの出ないように小銭を財布に入れておき、きっちり渡すようにしているわけですが、毎度のことになるといわゆる「予期不安」という状態になりますので、症状の出る確率も高くなってしまい、悪循環に陥って症状が悪化してしまいます。

そもそもこの指がふるえる原因としましては、砂糖や甘いもののとりすぎが原因ではないかと考えています。

しょっちゅう甘いものを食べたり飲んだりしていますと、膵臓から血中の糖分を下げるためにインスリンが放出されるわけですが、仮に1日10回甘いものを摂取したとすると10回ぐらい出てくるわけです。

そう度々、インスリンの放出ともなると膵臓の方でも疲れてしまうわけで、「どうせ、またいつもの甘いもんなんだろ?」って感じで、まだ甘いものを食べてもいないのにインスリンが放出されるようになります。

結果として必要以上に血中の糖分が下がってしまい、いわゆる低血糖の状態になってしまいます。そうしますと、糖分が唯一のエネルギー源である脳の方で「糖分が足りないよー」っていうことで、ドーパニンとかアドレナリンとかを放出して、無理やりにでも血中の糖分をあげようとするわけです。

この脳内物質が放出されることで、興奮したような緊張したような状態になってしまい、ささいなストレスでも敏感になったりして、指がふるえたりする体質になってしまうと考えています。

もちろん、糖分だけの影響ではなく、メンタル的な予期不安の方もからんでくるので、症状がけっこう複雑化してしまうわけですが、もしそのような傾向がある場合には甘いものに注意されるとよいかもしれません。

追記:指が震える原因が解明されたようです
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム