グリーンジュースでビタミンCな毎日

ビタミンC(vitamin C)が不足しているので、できれば青汁などを飲みたいものなんですけど、最近は倹約してグリーンジュースで代替しております。
ジャスコやイオンなどのスーパーで売っているようないわゆる野菜ジュースといわれているものですが、リッター当たりの単価を青汁と比較してみますと、数倍以上の違いがあるかと思います。

コスト削減のため、品質的・栄養価的にはどうかとも思うのですが、気分的な要素の面もありますので、とりあえずは体にいい飲み物を飲んでいるという、そういう感覚になれれば、特にこだわりがあるわけではありません。

けれども、やはり飲んでみると甘い…。

パッケージには糖分無添加とは書いているのですが、ブドウ糖のようなエキスで加糖されているのかどうかはわかりませんが、これははたしていったい、何からくる甘味なのだろうと思ってしまうわけです。
砂糖ならだめで、自然の糖分なら体にいいのかというと、おそらくそういうものでもないと思うわけです。

やはり、甘いものはオーガニックなものでも、人工的なものでも、結局は分解するのに体内であれこれやっているわけですので、どちらにしてもだめなものはだめだという気がします。

そのような点を考えますと、やはり、青汁が一番いいのかなっていう気もするんです、僕としては。
だって、栄養価の高いケールや大麦若葉などを粉末状にしたものなわけだから、人工甘味料が加えられる余地はないわけなんで、安心して飲むことができると思うわけです。

そのようなことを考えると、野菜ジュース的なものは避けた方がいいのかなという気もしてしまうわけです。
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム