ノロウイルス感染で謙虚なワタシ。また青汁飲み始めます。

昨今、ノロウイルスが流行しているようなんですけど、ぼくも先日、ちょっとかかってしまったんです。最初はお腹がちょっとはってておかしいなー、どうしたんだろなーぐらいだったんですが、数時間後には猛烈な吐き気と腹痛にさいなまされて、その晩は眠りにつくことができませんでした。

声にならない叫びを何度も繰り返し、ふざけんなー、コノヤローとひたすら叫んでいたことを覚えております。ただ、吐くということはいわば、正常な体の反応なわけですから、文句をいうのが間違いなのかもしれません。
せっかく、体の方でウイルスを体の外に出そうとしてがんばっていてくれてるのに、ぼくときたら、それに悪態をついていたわけです。

もだえ苦しんでいたとはいえ、ちょっぴり反省してます。

そんな悪夢のような2日間が過ぎ去り、今日で3日目。
おかげさまで体の方も順調に回復し、今日はラーメンを食べるまでに回復してきました。ほぼ全快といってもいいかもしれません。

この一件を経験してから、最近のわたしは何事にも謙虚な姿勢で対応するようになりました。多少の気にいらないことなら、軽くスルーできるようになり、ささいなことはまったく気にならなくなったのです。
さんざんなノロウイルスでしたが、いつの間にか忘れていた何か大切なものをぼくに気づかせてくれたわけなのです。

ただ、ひょっとすると、そもそも青汁を飲んでおけば、こんなことにならなかったような気もするわけです。
といいますのも、ノロウイルスというのは、どうも小腸で大量に増殖するようでして、これを排出するために、嘔吐などを繰り返すようなのですが、青汁でいつもスッキリしておけば、いつもきれいな状態が保持されていたのではないか、とそう思ったものでした。

病気というのは、毎日の健康管理がものをいうものです。
青汁を飲んでいるからといって、ノロウイルスにかからないということはない気がしますが、腸内環境をととのえるには、もってこいのサプリメントといえるのではないでしょうか。
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム