流動食のような野菜といえば、青汁ではないだろうか。

先月はノロウイルス感染、そして今月はあごの炎症で口が開かない状態になってます。もともと虫歯というか、親しらずの部分が調子悪かったのですが、特に痛みもなかったんでほおっておいたんですが、お正月明けあたりから急に痛みだし、頭痛もしてきたもので歯医者さんにいってきたんです。

長時間の治療になるとのことで、口を開ける器具を設置してあけっぱの状態で2時間ほど耐えていたんですけど、その際に筋肉痛になったようで、あごの筋肉がつってしまったというか、こう着して口が開かなくなってしまったわけです。

通常、だいたい3センチぐらいは開くようなのですが、私の場合、ほんの数ミリ程度しか開口しないものですから、ラーメンを食べるのにも一苦労です。奥歯はほとんど開かないので、比較的、開き具合の大きい前歯の部分でうさぎのように麵を噛むわけですけど、麵の太さと口の空く大きさがほぼ同一なので、ラーメンを食べるのにも非常に時間がかかるわけです。

奥歯が使えない状態なので、チャーシューやメンマのような固いものはもってのほか、野菜なんかもハードルが高く、ラーメン一杯でへとへとになってしまうので、おかゆなんかを主食にしている状態なのです。
ただ、おかゆばかりだと、どうしても野菜不足になってしまいます。

有機野菜をとってはいるものの、固形物を摂取できない状態なので、野菜を食べたいのに食べることができません。数日程度なら問題ないですが、かれこれ2週間ほどはこの状態がつづいているので、野菜不足解消に何かいいものはないだろうかと悩んでおりました。

「液体の状態で摂取できる流動食のような野菜はないだろうか?そんな野菜があれば、私のような症状でも野菜不足を解消できるのに…。」

そんなことを考えていた時、ふと私の頭に浮かんできたのが「青汁」だったのです。
「そうか、青汁なら野菜ジュースなわけだから、ぼくのように口が開かない状態でも野菜不足の解消ができるのではないだろうか。」

それからというもの、僕は毎日、青汁を飲むようになってきました。
(次回へ続く…)
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム