いつも曖昧模糊な青汁の効果について

学会においての青汁の位置づけはどのようになっているのか、以前から気にはなっていたのですが、そもそも健康食品においての学術的な研究は不毛のような気がしております。
医学者さんも学術的な研究をするのならば、やはり医薬に関する分野がメインストリートなわけで、あえてそのあたりで売っている健康食品の研究などは興味がないのかもしれません。

「青汁がどうの」っていう論文よりも、やはりIPS細胞がうんぬんと書いてる方が学術的だし、何となくかっこいい気がするわけです。もちろん、青汁を批判しているわけではないですが、そのようなイメージをどうしても持ってしまうわけです。

けれども、効果・効能についての研究は学者さんにもしてもらいたいものです。

何せ、その健康食品を飲むことによって、どのようなメリットがあるのかについては、さっぱり不明確な部分が多く、おおよそのところを推測するより、消費者にとってはなすすべがないからです。

本来、特定保健用食品とか栄養機能性食品とか、そういう厚生労働省から認められている商品にしか、効果についての記述はできないはずなのですが、非常にぼやけた形でほのめかす商品が多いように感じているわけです。

例えば、「スッキリ」っていう言葉。

ぶっちゃけ、これは「便秘に効果的」というようなことと同義語かと思うのですが、何とも腑に落ちない言い回しでごまかされているような気がしまし、どこまでいっても曖昧模糊なわけです。

ボクが言いたいのは、お金を出して商品を買う以上、嘘でも気休めでもいいから何か言ってくれっていう事なのです。これを飲んだらこういうメリットがあるから、ボクは今日も青汁を飲むんだっていう、そういうモチベーションを向上させるような文言が欲しいわけなのです。

もちろん、生命にかかわる医薬品の場合は厳密に書いておく必要があるかとは思いますが、健康食品の場合は実際に効果があるのかないのかなんて気にもしてませんし、ぶっちゃけ、ないとわかりつつ飲んでいる人の方が多いと思うのですが、どうなんですかね。
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム