青汁と出会ってからの僕。(前回の続き…)

当時の僕は、青汁についての知識は乏しく、
どちらかというと罰ゲームのアイテムぐらいにしか考えていなかったので、あまり気がすすまない感じだったのです。

それにイケメン君のボクにとっては、
青汁というのはどこか年寄りくさいイメージがあったもので、
あまり本気を出して飲もうという感じではなかったのです。

わたしの自己イメージとしてはバーボンやウイスキーという感じだったので、あまり真剣に取り組む気にはなれなかったのです。

とりあえず、テーブルの上においておいて、気が向いたときに飲むという、そういう感じで摂取していたものでした。

けれども、この“気が向いたとき”というのがクセもので、
ほとんどが気が向かないときでしたもので、結果として
月に1回ぐらいしか飲む機会はなかったわけなのです。

来月から本気出すといつもいっている人がいますが、
今思えば、わたしも青汁に対しては、そういう姿勢だったように感じます。

つまり、飲まなくてはいけないとわかってはいるものの、
気がすすまないという状態に陥っていたわけなのです。

なんとか、このような状況を改善させるべく、
何かよい方法はないものかと考えていた際、
「ブログでも更新してみてはどうだろうか?」と思ってはじめたのが、
当サイト開設のきっかけとなったわけでした。

(次回に続くは不明…)
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム