各駅停車症候群(過敏性腸症候群 IBS)の悩み

いわゆる各駅停車症候群というのがありますが、病名としては過敏性腸症候群(IBS)という名前がついています。突然、おなかが痛くなって下痢の症状が出てしまうため、乗車時間の長い長距離バスや中座できないシチュエーションを避けるようになり、各駅にしか乗れなくなるという病気です。

ネット上で検索してみますと、「頻繁にトイレに駆け込んで各駅で停車してしまうから」という意味で各駅停車症候群を説明している人もいるようですが、わたしからみるとこれは間違いです。

この病気の大変な点はトイレに駆け込む頻度にあるわけではありません。いつ襲ってくるかわからない、突然の下痢による精神的なストレスや恐怖、不安が最大の問題といえます。

この各駅停車というのは、つまるところ、「行動範囲が制限されてしまうこと」を意味しています。電車に限った話でなく、トイレのない外出先にはいけないとか、あるいは朝の混む時間帯には行動できないとか、映画館では端っこの方にしか座れないとか、10分以上の会議には出れないとか、そういうことです。

その間、頭のなかでは常にトイレまでの最短ルートをシミュレーションすることになりますので、会議などにはとうてい集中できませんし、自宅以外ではトイレのことが頭から離れなくなってしまうため、そのうち頭がおかしくなってしまう病気なのです。

会議とかなら突然中座してもあとからあやまればいいですが、飛行機の離陸時とか、あるいは観覧車とか、絶対に中座できない状況というのがなかにはあります。普通の人なら数時間ぐらい排便を我慢できますが、過敏性腸症候群の場合、小腸が活発になりますので、もよおしてから限界に達するまでの時間が極端に短く、体調の悪い日などはわずか数分で限界に達してしまいます。

その限界に達したのち、極限状態のなかで過酷な苦しみに耐える時間がはじまるわけです。

幸い、わたしはこれまで粗相をしたことはありませんが、毎回、奇跡的に個室が空いていて間に合うことを繰り返すうち、もしあのとき空いていなかったら…と考えるとゾッとします。大の大人が粗相をすることは考えるだけでも嫌です。

なので、現在は外出時は一切食べないようにすると決めており、朝は絶対に食べないですし、食べたとしてもほんのひと口程度で、あとはジュースとか甘いものを摂取することで対応しています。

このように決めてから、各駅停車症候群で悩むことはなくなりましたが、かわりに低血糖の症状に悩まされるようになっています。胃袋を空の状態に保つわけですから、血糖値が下がりすぎてしまうのも当然ですが、あの過酷な苦しみや恐怖に比べると低血糖の方がまだましだと思えるのです。

ただ、腸内の善玉菌とされるビフィズス菌や納豆菌で腸内環境は改善されてきましたし、また、青汁や有機野菜で食物繊維を摂取することで最近は下ることがなくなってきました。さらに、いざというときのために、ストッパやトメイダンなどの主要な下痢止め薬も財布のなかに隠し持っていくようにしています。加えて、常日ごろからトイレ掃除をかかさず、いざという時には個室を空けて頂けるよう、トイレの神様に重々お願いしております。

そこまでしても、いざというときは実際にやってくるものですが、そのような場合、「たぶん、大丈夫だろう」ではなく、徴候があらわれた瞬間に、口をおさえて逃げるように便所に駆け込むことにしています。

普通の人みたいに、「トイレに行ってきてもいいですか?」みたいな許可を求めている時間的な余裕はIBS患者にはありません。ただ、無断で出ていく以上、まわりは心配されると思うので、一応は口を押さえていくとよいでしょう。

口を押さえれば、しゃべれない状況だとわかるので返答する必要がないですし、あとから「吐きそうだった」と言い訳することができます。中座する言い訳とか、そういうのは何も考えなくていいのです。口をおさえていちもくさんにまっさきに駆け込むことをおすすめします。
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム