健康食品の広告表示は薬事法と景品表示法に注意しよう

某健康食品会社の黒酢サプリが、あたかも痩身(そうしん)効果があるようにネット上で表示を行っていたことで、健康食品業界に波紋を呼んでいます。健康食品といえば、薬事法に関する点に注目がされやすいですが、今回のケースでは消費者庁の景品表示法の優良誤認で処分されてしまいました。(※痩身効果…ダイエット効果のこと。)

この薬事法と景品表示法の違いについては、薬事法が医薬品と間違わないように規制するための法律で、景品表示法が誇大広告に対する規制という違いがあります。

薬事法は健康食品や美容関連がほとんどかと思います。一方で、景品表示法については、他にもゲームアプリの課金ガチャでの出現確率があたかもアップしていたように表示したことで問題となっていましたが、健康食品や美容のみに限ったことではなく、より幅広い商品やサービスが該当します。

今回の黒酢の件で「痩身効果」があるように表示することは、薬事法はセーフだったのかもしれませんが、実際のものよりも著しく優良であると示す景品表示法の「優良誤認」に該当するようで、処分されてしまったようです。

今までは個々の文言がセーフだったら、サイト全体もセーフという暗黙の了解みたいなものがあったかと思います。

けれども、今回はこの「あたかも」という点がとても斬新となっており、例えフレーズ単位ではセーフだったとしても、全体としての流れがアウトなふいんきが出ていれば、役所の判断でNGにするよということになったのだろうと思います。

ネット上にはかなりきわどい広告がゴロゴロあるなか、みせしめにされた感もありますが、サイト運営者やマーケティング担当者にとっては注意したい点ではないかと思われます。
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム